FC2ブログ

ようやく再始動です


館内、開かずの間や手の届かなかった場所を整理する事に時間をつかえました。
この職に就いてからこのような過ごし方をしたことがなく、妙なひと月でした。IMG_3027.jpg
時空を超えて次の世代に伝えて行くものにほんの一時、関わらせていただいているんだな
という思いが作業中に浮かんでは消えてゆきます。

牡丹が咲きだしました

世の中は大変なことになっていますが、そんな中でもホッとにもちが和みました。IMG_3006.jpg
館が臨時休館となり、普段できないっ場所の清掃、整理、、、手の洗いすぎで指先がっボロボロ
になってます。
IMG_3005.jpg

いつもと同じように咲いてくれる牡丹を有難くも感じます。
IMG_3003.jpg

臨時休館(4/13~5/7)のお知らせ

外のお天気は良くてポカポカしてるのですが、ひと気のない館内は普段より広く感じます。
IMG_2997.jpg
アルコール消毒液、マスク、体温計、ボタン電池と不足するものばかりですね。
IMG_2998.jpg

様子を見ながら次へすすむ準備をします。
IMG_2999.jpg

第43回伝統九谷焼工芸展始まりました


九谷焼資料館の紫の間・緑の間で展示が始まりました。5月17日(日)までの開催予定です。
今朝がたから外の空気がかわり、にわかに春めいてきました。
IMG_2943.jpg
金沢会場に続き能美会場へ巡回してきました。花もそうですが、作品群の強烈な色彩を前にする
と冬眠していた感覚が覚醒してゆくようですよ。

IMG_2942.jpg
展示を眺めていると、この産地産が持っている作家層の厚みと表現の多様性を体感することができて
晴れやかな気持ちになれます。

 IMG_2939.jpg

鑑るということ


今日はお隣の福井県からのお客様からご自身で所有されている九谷焼に
ついて知りたいということでこちへ持ち込んでいただき、お話させてい
ただきました。
IMG_2860.jpg
実はこの様なご相談はかなりの数が寄せられていて、世の中に流通して
いった九谷焼の足跡(量と質と時間軸の深さ)をたどることができます。
箱や筆跡や素地や技法といった様々な要素からモノの声に耳を傾けます。

IMG_2859.jpg
相談者が語られる器にまつわるストーリーも興味深いもので、九谷焼と
いうブランドが築かれてきた根っこの深さを推し量ることができます。

IMG_2858.jpg
こちらからお伝えできる情報は限定的なものですが、少なくとも
私にとって気づきや学びが得られる貴重な時間になっています。


プロフィール

九谷焼資料館スタッフ

Author:九谷焼資料館スタッフ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード